http://e-bookguide.jp 電子書籍の専門販売サイト。
E-Book販売

図書館学

書籍文化史料論

bs5852224000
書物文化史研究の第一人者による待望の史料論。京都書林仲間の実態を伝える新出史料全篇の翻刻・影印を収載!

販売価格:¥8,000(税込)

書籍流通史料論 序説

bs5852202400
書籍流通の実態を伝える諸史料を「眼光表紙裏に徹する」博捜により再構築し、書籍文化史の動態を捉える。

販売価格:¥8,000(税込)

近世・近代初期書籍研究文献目録

bs5852209200
前近代から近代初期における書物・出版に関わる研究文献を網羅的に分類・整理。

販売価格:¥6,400(税込)

災害記録を未来に活かす (デジタルアーカイブ・ベーシックス 2)

bs5852028200
記録を残し、伝えていくこと、そして、デジタルアーカイブを防災に活用することの意義をまとめた1冊。

販売価格:¥2,000(税込)

江戸庶民の読書と学び

bs5852219300
当時のベストセラー啓蒙書・教養書、版元・貸本屋の記録など、人々の読書と学びの痕跡を残す諸資料を博捜する。

販売価格:¥3,800(税込)

書物学 第17巻 編集文献学への誘い

bs5852071700
「編集文献学」という本文校訂・批判をめぐる真摯な視点が、既成概念へ揺さぶりをかけ、様々な枠組みを越えた展開を要請されるこれからの人文学を考えるための水先案内。

販売価格:¥1,000(税込)

書物学 第16巻 特殊文庫をひらく―古典籍がつなぐ過去と未来

bs5852071600
国内外に蔵書を誇り、また古典籍の研究機関として名高い「特殊文庫」5館をピックアップし、その魅力・来歴・蔵書を紹介。

販売価格:¥1,000(税込)

書物学 第15巻 金属活字と近代

bs5852071500
明治初頭、日本の汎用書体となる明朝体活字の活用が始まる。活字鋳造と近代印刷技術発展の背景には、ひとりの外国人の姿があった―

販売価格:¥1,000(税込)

日本の文化財―守り、伝えていくための理念と実践

bs5852006400
文化財はいかなる理念と思いで残され、その実践はどんなものだったのか。文化財行政の最前線にいた著者の知見から文化財保護のあるべき姿を示す。

販売価格:¥2,600(税込)

紙の日本史―古典と絵巻物が伝える文化遺産

bs5852217600
長年文化財を取り扱ってきた最先端の現場での知見を活かし、文化の源泉としての紙の実像、そして、それに向き合ってきた人びとの営みを探る。

販売価格:¥1,900(税込)

図書館の日本史

bs5852006700
図書館はどのように誕生したのか? 古代から現代まで、日本の図書館の歴史をやさしく読み解く、はじめての概説書!

販売価格:¥2,900(税込)

権利処理と法の実務 (デジタルアーカイブ・ベーシックス 1)

bs5852028100
様々な課題に取り組んできた法の専門家、実務経験者による最新の知見から、アーカイブ活動を円滑に行うための俯瞰図とガイドラインを示す。

販売価格:¥2,000(税込)

書物学 第14巻 贋作・偽作

bs5852071400
シェイクスピアの贋作と出版社の経営戦略、著者の願望を反映した荒唐無稽な歴史記述、過剰な編集介入など、「偽り」の背景に渦巻く人間模様を暴く。

販売価格:¥1,000(税込)

公共図書館運営の新たな動向

bs5852050500
公共図書館が大きな転換点を迎えるにあたって広く議論されるべき課題を提示し、図書館員や図書館情報学の学習者に向けて概論的に紹介。

販売価格:¥1,400(税込)

書誌学入門―古典籍を見る・知る・読む

bs5852000100
「モノ」としての書物に目を向けることで、人々の織り成してきた豊穣な「知」のネットワークが浮かびあがってくる。

販売価格:¥1,400(税込)
Page 1 / 3123

logo_bensei

  • facebook
  • twitter
Copyright © E-BookGuide.jp All Rights Reserved.