http://e-bookguide.jp 電子書籍の専門販売サイト。
E-Book販売

図書館学

書物学 第16巻 特殊文庫をひらく―古典籍がつなぐ過去と未来

bs5852071600
国内外に蔵書を誇り、また古典籍の研究機関として名高い「特殊文庫」5館をピックアップし、その魅力・来歴・蔵書を紹介。

販売価格:¥1,000(税込)

書物学 第15巻 金属活字と近代

bs5852071500
明治初頭、日本の汎用書体となる明朝体活字の活用が始まる。活字鋳造と近代印刷技術発展の背景には、ひとりの外国人の姿があった―

販売価格:¥1,000(税込)

日本の文化財―守り、伝えていくための理念と実践

bs5852006400
文化財はいかなる理念と思いで残され、その実践はどんなものだったのか。文化財行政の最前線にいた著者の知見から文化財保護のあるべき姿を示す。

販売価格:¥2,600(税込)

紙の日本史―古典と絵巻物が伝える文化遺産

bs5852217600
長年文化財を取り扱ってきた最先端の現場での知見を活かし、文化の源泉としての紙の実像、そして、それに向き合ってきた人びとの営みを探る。

販売価格:¥1,900(税込)

図書館の日本史

bs5852006700
図書館はどのように誕生したのか? 古代から現代まで、日本の図書館の歴史をやさしく読み解く、はじめての概説書!

販売価格:¥2,900(税込)

権利処理と法の実務 (デジタルアーカイブ・ベーシックス 1)

bs5852028100
様々な課題に取り組んできた法の専門家、実務経験者による最新の知見から、アーカイブ活動を円滑に行うための俯瞰図とガイドラインを示す。

販売価格:¥2,000(税込)

書物学 第14巻 贋作・偽作

bs5852071400
シェイクスピアの贋作と出版社の経営戦略、著者の願望を反映した荒唐無稽な歴史記述、過剰な編集介入など、「偽り」の背景に渦巻く人間模様を暴く。

販売価格:¥1,000(税込)

公共図書館運営の新たな動向

bs5852050500
公共図書館が大きな転換点を迎えるにあたって広く議論されるべき課題を提示し、図書館員や図書館情報学の学習者に向けて概論的に紹介。

販売価格:¥1,400(税込)

書誌学入門―古典籍を見る・知る・読む

bs5852000100
「モノ」としての書物に目を向けることで、人々の織り成してきた豊穣な「知」のネットワークが浮かびあがってくる。

販売価格:¥1,400(税込)

書物学 第13巻 学問の家の書物と伝授―清原家の営為を探る

bs5852071300
清原家の蔵書は、累代の学問の家の営為を今に伝えるものである。幅広い典籍が描き出す知の沃野を多数のカラー図版とともに紹介。

販売価格:¥1,000(税込)

司書のお仕事―お探しの本は何ですか?

bs5852006100
味岡市立図書館に、新人司書として採用された稲嶺双葉に蔵書目録の作成や、本の受け入れ作業、イベント企画……と、次々に押し寄せてくる「司書のお仕事」。

販売価格:¥1,400(税込)

入門 デジタルアーカイブ―まなぶ・つくる・つかう

bs5852006000
これからデジタルアーカイブを作る人へ、そして今、現場で悩める人へ、計画から構築、そして運用までの全ての工程を網羅した、画期的な実践の手引き!

販売価格:¥2,200(税込)

もう一つの古典知―前近代日本の知の可能性 (アジア遊学155)

bs5852262100
多面的な「知」の諸相やダイナミックに変容する「知」のありようを照射することで、豊穣なる日本の知の動態を捉える。

販売価格:¥1,900(税込)

旧鈔本の世界―漢籍受容のタイムカプセル (アジア遊学140)

bs5852260600
これまで見過ごされてきた新たな中国古典学の可能性が、『論語』『史記』『白氏文集』などの旧鈔本タイムカプセル発掘から拓かれてゆく。

販売価格:¥1,600(税込)

学校図書館への研究アプローチ

bs5852050400
学習情報センター化・読書センター化へ向けて激動する学校図書館の現状を司書教諭や学校司書など実務者まで含めた執筆陣が、個別具体的な研究の最前線を紹介する。

販売価格:¥1,400(税込)
Page 1 / 212

logo_bensei

  • facebook
  • twitter
Copyright © E-BookGuide.jp All Rights Reserved.