http://e-bookguide.jp 電子書籍の専門販売サイト。
E-Book販売
  • HOME »
  • E-Book販売 »
  • E-Book

E-Book

書物学 第2巻 立ち読みファイル【無料】

bs5852070299
古今東西の知の宝庫に分け入り、読書の楽しさを満喫する!
書物学 2巻の立ち読み版!

販売価格:¥0(税込)

書物学 第1巻 書物学こと始め

bs5852070100
蓄積されてきた書物をめぐる精緻な書誌学、文献学の富を人間の学に呼び戻し、愛書家とともに、洋の東西を隔てず、現在・過去・未来にわたる書物論議を展開する場として、ここに『書物学(Bibliology)』を創刊。

販売価格:¥1,000(税込)

超域する異界

bs5852905000
国境を超え時間的制約を逃れ、人間の日常および精神生活の裏、奥、外に必要不可欠な空間領域として想像される「異界」― the other world ―。

販売価格:¥5,200(税込)

占領期の出版メディアと検閲 戦後広島の文芸活動

bs5852905800
占領下にあった広島の文芸の様相は、GHQの検閲という黒雲が去った後、白日のもとに呼び戻されたか。未だに覆われた部分の多い当時の文芸活動を分析し、新たなアプローチを試みる。

販売価格:¥1,400(税込)

デジタル書物学事始め グーテンベルク聖書とその周辺

bs5850542900
書物研究という面から見ると、書物とデジタル技術という組み合わせの前には明るい展望が開けている。デジタル画像やコンピュータを活用した「デジタル書物学」の「現在(いま)」を紹介。

販売価格:¥1,600(税込)

動物園の文化史 ひとと動物の5000年

bs5852208200
野生空間で捕らえた動物を、檻や濠のなかで飼育する「動物園」は、メソポタミアの古代文明から現在まで、さまざまな形に変化してきた。

販売価格:¥2,100(税込)

伊勢神宮と日本文化

bs5852101800
20年に1度の式年遷宮が大きな話題になった。東日本大震災という大きな破局を経験し、これから超高齢化社会というゆるやかな破局を迎える日本人の、願いと叡智を読みとることができる。式年遷宮の多くの神事に奉仕した著者が、日本の精神性を解き明かす。

販売価格:¥1,400(税込)

DHjp No.3 デジタルデータと著作権

bs5852030200
出版社からの申し入れによって国立国会図書館が、電子版の書籍公開を停止した事例だが、この議論から、デジタルな文化・学術情報と著作権というさらに大きな問題が見えてくる。デジタルな文化・学術情報と著作権、および派生する問題について考える。

販売価格:¥1,000(税込)

DHjp No.2 DHの最先端を知る

bs5852030100
各大学でDHプログラムは立ち上がってきており、日本にもその潮流が届いているのは間違いない。それをどう伝えアピールするのか。『DHjp』はこれから学問を志す若者達にDHという新たな潮流を紹介するものである。そこでまずDHの現在を伝えたい。

販売価格:¥1,000(税込)

DHjp No.1 新しい知の創造

bs5852030000
『DHjp』は、DHについて議論する公の〈場〉を提供し、新たな発想で展望を開く!

販売価格:¥1,000(税込)

DHjp No.3 立ち読みファイル【無料】

bs5852030299
情報のデジタル化・オープン化の凄まじい勢いの中で、法整備も実践も、全てが追いついていない。しかし、ほぼ全ての人がインターネットを利用し、デジタルデータを管理する時代だ。デジタル世界の「秩序」は今、一体どうなっているだろうか?

販売価格:¥0(税込)

明治唱歌の誕生

bs5852201000
文部省の『尋常小額読本』(明治20年) を取り上げ、この読本中に多く掲載された「唱歌」および、森有礼・伊沢修二の教育思想の関係を明らかにする。そこには国難に立ち向かう凄まじい明治の気迫が満ちている。

販売価格:¥6,400(税込)

韓流・日流 東アジア文化交流の時代

bs5852208600
本書は現代東アジアのダイナミズムをめぐって、「文化交流」という観点から、 東アジア、とりわけ韓国を中心とした各地域・分野・時代を専門とする論者がその諸相を論じるものである。

販売価格:¥4,400(税込)

沖縄 島人の歴史

bs5852208800
神話の時代から終戦まで、揺れ動くOKINAWAを見つめる。「国際琉球学」の最高峰に位置づけられる名著、待望の初訳!

販売価格:¥5,600(税込)

南方熊楠の見た夢

bs5852207600
生と死、自己と他者、現実と夢、妄想と事実、正常と異常…。日常の中の二項対立を越えて、熊楠が考え続けたものは何だったのか。膨大に書かれ、残された記録の中から「夢」を巡る断片を繋ぎ合わせ、今なお驚きと斬新さを持ち続ける哲学像を浮かび上がらせる。

販売価格:¥3,400(税込)
Page 19 / 25«181920»

logo_bensei

  • facebook
  • twitter
Copyright © E-BookGuide.jp All Rights Reserved.