http://e-bookguide.jp 電子書籍の専門販売サイト。
E-Book販売
  • HOME »
  • E-Book販売 »
  • 分売

分売

山中道館の興起

bs5852267912
梁代碑刻の一つを手がかりに、山中道館の興起やその運営の実態を探り、山中道館と六朝歴史との関係を捉えなおす。

販売価格:¥300(税込)

北魏後期の門閥制

bs5852267928
北魏孝文帝は姓族分定により胡族と漢族の家格を定め貴族制を導入。しかし、南朝の貴族制とは異なるものだった。

販売価格:¥300(税込)

北朝の墓誌文化

bs5852267927
中国墓誌文化の発展期ともいうべき魏晋南北朝時代。その中でもピークといえるのは北朝時代であった。

販売価格:¥300(税込)

魏晋時代の壁画

bs5852267926
魏晋時代の壁画墓の造営状況を概観し、人物画像を通して魏晋時代の中国周縁地域における諸民族の状況の一面を明らかにする。

販売価格:¥300(税込)

呉簡吏民簿と家族・女性

bs5852267925
呉簡吏民簿から、男子は成人・結婚後も父母と同居し、また父母妻子以外の親族を扶養するなど、長沙における家族の実態が見え、史料に残らない普通の人の姿が見える。

販売価格:¥300(税込)

走馬楼呉簡からみる三国呉の郷村把握システム

bs5852267924
長沙で出土した後漢簡牘中にみえる丘を踏まえると、走馬楼呉簡段階の郷―丘による郷村把握システムはむしろ限界に達しつつあったと思える。

販売価格:¥300(税込)

竹簡の製作と使用―長沙走馬楼三国呉簡の整理作業で得た知見から

bs5852267923
三国時代の簡牘群の整理・保護の仕事を長年にわたって担ってきた筆者が得た知見のいくつかを紹介したい。

販売価格:¥300(税込)

辺境都市から王都へ―後漢から五涼時代にかける姑臧城の変遷

bs5852267922
城周辺の都市遺跡資料から、姑臧城の設計は陳寅恪氏のいう「宮は北、市場は南」の形をしていない可能性が高い。

販売価格:¥300(税込)

「蜀都」とその社会―成都 二二一―三四七年

bs5852267921
考古資料も少しずつ発見され、支配権力が変転し地域社会の支えによって営まれた都市・成都の像が見えてくる。

販売価格:¥300(税込)

統万城

bs5852267920
統万城は内モンゴルから長安への交通路上にあるため、南北朝時代以来、歴代王朝が軍事上の重要拠点とした。

販売価格:¥300(税込)

北魏洛陽城―住民はいかに統治され、居住したか

bs5852267919
北魏洛陽城全体では、住民は大城とその近くに集まり、外郭城周縁部には人家の稀な空間が広がっていた。

販売価格:¥300(税込)

同時代人のみた北魏平城

bs5852267918
同時代の人々がどのように認識したのかを通して、北魏の支配層がこの地に帰属意識をもつにいたった経緯などを論じる。

販売価格:¥300(税込)

魏晋南北朝の長安

bs5852267917
考古学的発見などあり、少しずつ実態が明らかになる魏晋南北朝期の長安。都城制、ソグド人、仏教を取りあげ、歴史的意義について考える。

販売価格:¥300(税込)

建康とその都市空間

bs5852267916
魏晋南北朝期の建康の様子を概観し、この都市空間がもつ諸特徴を探るとともに、その歴史的意義についても考える。

販売価格:¥300(税込)

鄴城に見る都城制の転換

bs5852267915
鄴城は都市計画史上極めて重要な位置を占める都城として注目を集めている。曹操が魏公となった後漢の建安十八(213)年に魏公国の国都となった。

販売価格:¥300(税込)
Page 1 / 1612»

logo_bensei

  • facebook
  • twitter
Copyright © E-BookGuide.jp All Rights Reserved.