bs5850127600
販売価格(税込)
¥3,600

著者立松和平

ジャンル小説

出版社勉誠出版

電子版発売日2014年2月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」・「Mac」・「Android OS」・「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

電子版◆冊子版 発売

もうすぐでっかい祭りがはじまるぞお
変革の夢と、祭りの後の何も変わらない現実―― 無限に存在する名も無き庶民の「歴史」に目を向け、挫折と絶望の体験を基底に小説化する。みずからの足下=故郷に豊かな「神話と歴史」を発見し、矢継ぎ早に放たれた短篇群『天狗が来る』と『二つの太陽』。その集大成として、反権力の見果てぬ夢を描いた長篇『贋 南部義民伝』。歴史の闇に沈んで名も忘れられた敗者への鎮魂の物語。

【立松和平全小説】
作家活動の核心である全小説73作品を集成。
はじめて書かれた小説「溜息まじりの死者」、文壇デビュー作「途方にくれて」など、最初期の作品を収録。
つねに時代とともに歩み、真摯な視線で現代を見つめ続ける立松文学の原形質がここにある。
書籍案内

関連商品

  • bs5850128500

    立松和平全小説 17巻 母への憧憬

    母への追憶を描く『卵洗い』『母の乳房』の二作品。そして、青春時代の混沌と彷徨を再び描いた長篇『鳥の道』。
    ¥3,600
  • bs5850128400

    立松和平全小説 16巻 永遠への旅立ち

    80年代初頭のこの時期、自らのルーツであり、今なお未解決の主題である「精神の飢餓感」と対峙。「自分探し」ではなく「自己破壊」としての旅を描いた三つの長篇。
    ¥3,600
  • bs5850128300

    立松和平全小説 15巻 越境者たち

    居場所を失い境界を越えてしまった者たちの絶望と虚無を描いた『彼岸の駅』『楽土の家』。労働に生きた人々を描いた『瑠璃の波』。
    ¥3,600
  • bs5850128200

    立松和平全小説 14巻 ここより他の場所

    さまざまな「境界」の存在を感得した作家が、自然と人間の葛藤と共生をみつめる後期立松文学への萌芽が見られる連作長編四作を収める。
    ¥3,600
  • bs5850128100

    立松和平全小説 13巻 境界を生きる4

    豊かな日本の負の象徴としての地方都市近郊に生きる青年の悲喜を描いた『雷神鳥』。カトレアの栽培に未来を託した青年を襲った不幸を描いた『黙示の華』を併せる。
    ¥3,600
  • bs5850128000

    立松和平全小説 12巻 境界を生きる3

    時代に翻弄される人間に対する哀切を伴った熱い共感と、そのような人間を生み出し続ける社会への激しい憤り。状況の只中に自らを置き続けた作家が見る日本の「農」。
    ¥3,600
  • bs5850127900

    立松和平全小説 11巻 境界を生きる2

    物質的なものに踊らされる精神の悲劇を描き、「遠雷四部作」の後半を成す『性的黙秘録』『地霊』を収録。立松文学の円熟をもたらした記念碑的長編小説。
    ¥3,600
  • bs5850127800

    立松和平全小説 10巻 境界を生きる 1

    ひとびとが生を営む境界線上に現れた<崩壊>を予感し、時代の核心を射て書かれた『遠雷』。続編『春雷』とともに前期立松文学の最高峰をなす、代表的傑作。
    ¥3,600
  • bs5850127700

    立松和平全小説 9巻 冒険に駆り立てられて

    ボクシングに賭ける青春を描いた『砂の戦記』『雨の東京に死す』に過酷なラリーの体験をもとに描かれた『ダカールへ』を併せる。立松和平全小説、第一期完結。
    ¥3,600
  • bs5850127500

    立松和平全小説 7巻 昭和という時代

    戦後史を個人史 として捉えなおすことに成功した『歓喜の市』。立松版『百年の孤独』をめざした『閉じる家』。個のなかに歴史を生み出すふたつの初期長編を収録。
    ¥3,600
  • bs5850127400

    立松和平全小説 6巻 「戦後」のはじまり

    精気に満ちた時代を活写した『天地の夢』。子ども時代=戦後について書いた短編集『野のはずれの神様』。
    ¥3,600
  • bs5850127300

    立松和平全小説 5巻 旅に棲んで

    多彩な登場人物と自伝的エピソードで綴る青春小説『蜜月』。名作『遠雷』へと続く『太陽の王』。初期長篇に生活の実際を描くことに専心し生まれた短篇群『雨月』。
    ¥3,600
  • bs5850127200

    立松和平全小説 4巻 闘いの果て

    発表当時、様々な議論を呼んだ大作『光の雨』を収める。物語とは、事実とは、政治と は、運動とは? 時代を越えた立松文学の問いかけ。
    ¥3,600
  • bs5850127100

    立松和平全小説 3巻 異議ありの声

    「革命の季節」が溶解していく時代の声にならない叫びを描ききったはじめての長篇『光匂い満ちてよ』に、8篇の多彩な短篇を収める。
    ¥3,600
  • bs5850127000

    立松和平全小説 2巻 惑いと彷徨

    とりとめのない自由のなかで自分を見失ったぼくの惑いを描く「ぼくらの未来」(『火遊び』所収)など、初期の短篇作品19篇を収める。
    ¥3,600