bs5850512500
販売価格(税込)
¥2,600

著者安本美典

ジャンル古代史

出版社勉誠出版

電子版発売日2017年1月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS 4.4」「iOS 7」
タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

電子版◆冊子版 販売

「邪馬台国=高天の原」史実は国内で神話化した。

「卑弥呼=天照大御神」ならば、天照大御神のいた「高天の原」こそ、邪馬台国の神話化した記憶であることになる。
「高天の原」には「天の安川」が流れていた。現在、福岡県甘木市に、安川がある。
日本神話に見える数々の地名が、この近辺に実在している。

そして1992年、巨大環濠集落「平塚川遺跡」が、この地に出現した。
「吉野ヶ里遺跡」にならぶといわれる遺跡である。

 

関連商品

  • bs5850515600

    日本神話120の謎

    朝鮮半島出土の金冠を飾る多くのみどりの勾玉は、朝鮮製か日本製か?
    ¥2,600
  • bs5850513100

    邪馬台国と出雲神話

    加茂岩倉遺跡・神庭荒神谷遺跡に出現した大量の遺物は、神話を裏付けている!
    ¥2,600
  • bs5850512400

    古代物部氏と『先代旧事本紀』の謎

    はじめて明らかにされた編纂者と成立年代!編纂者は明法博士の興原敏久、成立年代は西暦827年〜829年前後だ!
    ¥2,200
  • bs5850512300

    倭王卑弥呼と天照大御神伝承

    「天の岩屋」の話は、日食神話だ!卑弥呼の死んだころ、福岡市上空で、皆既日食が2年つづけて起きていた!
    ¥2,600
  • bs5850512200

    「倭人語」の解読

    「倭人語」解読の鍵は、当時の中国音と「万葉仮名の読み方」にあった!
    ¥2,600