bs5850706000
販売価格(税込)
¥2,200

著者石黒吉次郎

ジャンル歴史文学

出版社勉誠出版

電子版発売日2014年12月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS 4.4」「iOS 7」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

冊子版◆電子版 販売

盛者必衰の理、眼の前にあらわなり―
西海に漂っていた平家一門は、関門海峡壇ノ浦において、義経との最後の決戦に臨んだ。安徳天皇をはじめ、平家一門の入水が哀れを誘う源平合戦の終末と、頼朝との対立から自害にまで追い込まれていく義経の姿を描いた、『源平盛衰記』堂々の最終巻。

義経に追われ、西海に漂っていた平家一門は、元暦二年三月、関門海峡の壇ノ浦において、源氏軍と最後の決戦に臨み、敗れてしまった。安徳天皇をはじめとして、一門の人々は次々に入水したが、天皇の母建礼門院は海中から助け出され、都へ戻された。やがて女院は出家し、大原の寂光院に移る。
平家の嫡流六代御前は、鎌倉方に捕らえられ、処刑されそうになるが、文覚上人の助命嘆願により許された。文治二年四月、大原の建礼門院のもとに舅に当たる後白河法皇が訪れ、二人は再会する。女院は法皇に、六道輪廻のようであった自分の人生を語った―

書籍案内

関連商品

  • bs5850705900

    完訳 源平盛衰記 <七>

    義経率いる精鋭軍に敗れた平家一門は、四国の屋島に逃れる。追う義経は、強風の中を僅か百騎余りで四国に渡り、平家軍の不意をついた。扇の的を射た那須与一の活躍が名高い、屋島の合戦までを描く第七巻。
    ¥2,200
  • bs5850705800

    完訳 源平盛衰記 <六>

    法皇を幽閉し征夷大将軍となった義仲だが、義経と戦い敗走、巴御前との涙の別れの後、近江粟津で戦死した。その後、義経は平家軍との戦いで果敢な奇襲作戦を採る。世に言う「鵯越の逆落とし」がはじまった。
    ¥2,200
  • bs5850705700

    完訳 源平盛衰記 <五>

    以仁王による平家追討の令旨が下り、信濃の国で挙兵した木曽義仲。天下を掌握し栄華を極めるも、病を得て薨去する清盛。東大寺・興福寺の再造営から義仲の入京までを描く第五巻。
    ¥2,200
  • bs5850705600

    完訳 源平盛衰記 <四>

    後白河院の命を受け、遂に蜂起した頼朝。富士川の合戦後、奥州からはるばる参陣し、兄と涙の対面を果たした九郎義経。頼朝挙兵から南都焼討ちまでを描く第四巻。
    ¥2,200
  • bs5850705500

    完訳 源平盛衰記 <三>

    清盛の暴虐ぶりは、ついに主要官僚の更迭、後白河法皇軟禁に至る。高倉天皇の譲位と安徳天皇の擁立。民は疲弊し、平家への怨念はつのる。奢り昂ぶる清盛に、源氏がついに叛旗をひるがえす。
    ¥2,200
  • bs5850705400

    完訳 源平盛衰記 <二>

    平家転覆の陰謀の中心人物である白河法皇を断罪しようとする清盛。涙ながらに訴える嫡子重盛。鹿谷事件、俊寛流罪、中宮徳子の解任などを描く。
    ¥2,200
  • bs5850705300

    完訳 源平盛衰記 <一>

    恵まれぬ生い立ちながら、際だった出世を遂げ、わが世の春を謳歌する清盛。平家の専横の発端を描く一冊。
    ¥2,200