bs5852006100
販売価格(税込)
¥1,400

著者大橋崇行(著)・小曽川真貴(監修)

ジャンル図書館学・ライト文芸

出版社勉誠出版

電子版発売日2018年8月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」・「Mac」・「Android OS」・「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

冊子版◆電子版 販売

大学の司書課程を新たに受講する人は、毎年1万人ほどいると言われている。しかし、そこで使われている教科書の内容や授業で講義されていることは非常に専門的なものが多く実際に司書がどのような仕事をおこなっているのか、なかなか想像するのは難しいのではないか……。
本書では、実際に司書として働いている方を監修に迎え、各地の図書館司書の方々からも話を聞きながら、司書課程で勉強したいと思っている高校生、大学生、社会人や、司書という仕事に興味を持っている方に向けて、司書の仕事をストーリー形式でわかりやすく伝える1冊。

(あらすじ)
味岡市立図書館に、新人司書として採用された稲嶺双葉(いなみねふたば)。
そこで待っていたのは、蔵書目録の作成や、本の受け入れ作業、イベント企画……と、次々に押し寄せてくる「司書のお仕事」だった。
双葉は、先輩司書の花崎智香(はなさきともか)や、山下麻美(やましたあさみ)の助言を受けながら、一人前の司書として成長していくことになる。

書籍案内

関連商品

  • bs5852914900

    ライトノベル史入門 『ドラゴンマガジン』創刊物語

    ライトノベル史に名を残す雑誌『ドラゴンマガジン』とその周辺状況に着目しつつ、著者が収集した多数の資料と同時代を経験した人物のインタビューを収録。
    ¥1,400
  • bs5852006000

    入門 デジタルアーカイブ

    これからデジタルアーカイブを作る人へ、そして今、現場で悩める人へ、計画から構築、そして運用までの全ての工程を網羅した、画期的な実践の手引き!
    ¥2,200
  • bs5852050400

    学校図書館への研究アプローチ

    学習情報センター化・読書センター化へ向けて激動する学校図書館の現状を司書教諭や学校司書など実務者まで含めた執筆陣が、個別具体的な研究の最前線を紹介する。
    ¥1,400
  • bs5852005700

    ポストデジタル時代の公共図書館

    ウェブの世界が席巻するなか、この20年間問われていたのは、情報の「ハブ」であるべき公共図書館のデジタル化だった。本書はポストデジタル時代に対応する公共図書館の未来像を活写。
    ¥1,600
  • bs5852004400

    知って得する 図書館の楽しみかた

    全国から、先駆的な取り組みを行っている図書館の事例を集積。これまでの公共図書館の枠組みを外して、民間の取り組みや、いわゆる「図書館」に収まらない形態の図書館を紹介する。
    ¥1,400
  • bs5852050300

    メタデータとウェブサービス

    ウェブサービスがもはや生活・研究のインフラとなって久しいが、情報資源の多様化やメタデータの作成環境の発展が、サービスに変化をもたらしている。検索エンジンやクラウド・コンピューティングの可能性を知る。
    ¥1,400
  • bs5852003900

    ささえあう図書館

    これまでの本を貸す「箱」としての図書館ではなく、図書館と利用者が互いに「ささえあう」ことで、双方向的に新しい図書館の在り方を模索・構築している事例が増えつつある。
    ¥1,400
  • bs5852004100

    オビから読むブックガイド

    書店での初めての出会いを演出するオビとコピー文。それを眺めながら読むこれまでにないブックガイド。出版業界のオビの歴史も振り返りながら、全150冊レビュー!
    ¥2,200
  • bs5852003400

    デジタル・アーカイブとは何か 理論と実践

    構築から利活用まで、アーカイブに携わる全ての人へ贈る―。増え続けるデジタル・アーカイブ。混迷の中にいる制作者・利用者のために、積み重ねた知恵と実例。
    ¥2,000
  • bs5852050200

    情報の評価とコレクション形成

    氾濫するデータの海を泳ぐために、図書館情報学が導き出す理論。情報化社会を生きる現代人に必須の「評価基準」とは何か。理論から実践・実例までを備えた、基礎的テキストの決定版。
    ¥1,400
  • bs5852050100

    電子書籍と電子ジャーナル

    読書の新たな可能性を切り拓く「電子書籍」、研究者の必需品となった「電子ジャーナル」。図書館の枠組みに大きく影響を与える新メディアの基礎的な技術からメリット・デメリット、図書館利活用のあり方まで解説。
    ¥1,400