bs5852006700
販売価格(税込)
¥2,900

著者新藤 透

ジャンル図書館学・日本史

出版社勉誠出版

電子版発売日2019年4月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

冊子版◆電子版 販売

日本人の隣にはいつも本があった―
図書館はどのように誕生したのか?
歴史上の人物たちはどのように本を楽しみ、収集し、利用したのか?
寄贈・貸出・閲覧はいつから行われていたのか?
古代から現代まで、日本の図書館の歴史をやさしく読み解く、はじめての概説書!

書籍案内

関連商品

  • bs5852217600

    紙の日本史

    長年文化財を取り扱ってきた最先端の現場での知見を活かし、文化の源泉としての紙の実像、そして、それに向き合ってきた人びとの営みを探る。
    ¥1,900
  • bs5852006100

    司書のお仕事

    味岡市立図書館に、新人司書として採用された稲嶺双葉に蔵書目録の作成や、本の受け入れ作業、イベント企画……と、次々に押し寄せてくる「司書のお仕事」。
    ¥1,400
  • bs5852005700

    ポストデジタル時代の公共図書館

    ウェブの世界が席巻するなか、この20年間問われていたのは、情報の「ハブ」であるべき公共図書館のデジタル化だった。本書はポストデジタル時代に対応する公共図書館の未来像を活写。
    ¥1,600
  • bs5852303900

    食卓の日本史

    世界に誇る和食。食材の広がりや食事の作法まで、歴史的検証を重ねながら、長く深い伝統を持つ日本人の食の知恵を紹介する。読めば腹鳴る、日本食卓事情。
    ¥1,900
  • bs5852004400

    知って得する 図書館の楽しみかた

    全国から、先駆的な取り組みを行っている図書館の事例を集積。これまでの公共図書館の枠組みを外して、民間の取り組みや、いわゆる「図書館」に収まらない形態の図書館を紹介する。
    ¥1,400
  • bs5852003900

    ささえあう図書館

    これまでの本を貸す「箱」としての図書館ではなく、図書館と利用者が互いに「ささえあう」ことで、双方向的に新しい図書館の在り方を模索・構築している事例が増えつつある。
    ¥1,400