bs5852028200
販売価格(税込)
¥2,000

著者今村文彦(監修)
   鈴木親彦(責任編集)

ジャンルアーカイブ

出版社勉誠出版

電子版発売日2020年2月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

電子版◆冊子版 販売

2011年の東日本大震災、2014年の豪雨による広島市の土砂災害、2016年の熊本地震…。
私たちは常に震災・災害と隣り合わせに生活しているといっても、過言ではない。
こうした震災・災害の記憶を風化させず、同時に未来の防災に活かしていくためにも、震災・災害の記録を、いかに残していくかが課題となっている。
博物館、図書館のみならず、放送局や新聞社など、各種機関・企業が行なっているデジタルアーカイブの取り組みの実例を紹介。
記録を残し、伝えていくこと、そして、デジタルアーカイブを防災に活用することの意義をまとめた一冊。

書籍案内

関連商品

  • bs5852028100

    権利処理と法の実務

    様々な課題に取り組んできた法の専門家、実務経験者による最新の知見から、アーカイブ活動を円滑に行うための俯瞰図とガイドラインを示す。
    ¥2,000
  • bs5852211000

    災害に学ぶ

    災害により失われた人と人の繋がりをどう再構築するか。有形の文化遺産を災害からどう守るか。被災した紙資料をいかに復旧し保護するか。諸分野が結集し、文化資源保全と地域文化復興の方途を探る。
    ¥2,600