bs5852050500
販売価格(税込)
¥1,400

著者日本図書館情報学会研究委員会(編)

ジャンルアーカイブ

出版社勉誠出版

電子版発売日2018年10月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

冊子版◆電子版 販売

公共図書館の転換点

2000年代以降、公共図書館の運営には大きな変化が見られる。その背景には、情報通信技術の進展、図書館への各種経営手法の導入、国・地方公共団体の財政のひっ迫、そして両者の関係性変化など、様々に複合する要因がある。
「わかる!図書館情報学シリーズ」の最終巻にあたる本書では、これから公共図書館が大きな転換点を迎えるにあたって広く議論されるべき課題を提示し、現場の図書館員や図書館情報学の学習者に向けて概論的に紹介する。
評価制度、指定管理者制度、正規・非正規、専門、民間など多様な立場からなる図書館組織、住民との「協働」、通信技術の変化にともなう個人情報の扱い方、利用の変化からみた「建築」のあり方や老朽化など、公共図書館が今後直面する問題を共有し、考えるための一冊である。

関連商品

  • bs5852050400

    学校図書館への研究アプローチ

    学習情報センター化・読書センター化へ向けて激動する学校図書館の現状を司書教諭や学校司書など実務者まで含めた執筆陣が、個別具体的な研究の最前線を紹介する。
    ¥1,400
  • bs5852050300

    メタデータとウェブサービス

    ウェブサービスがもはや生活・研究のインフラとなって久しいが、情報資源の多様化やメタデータの作成環境の発展が、サービスに変化をもたらしている。検索エンジンやクラウド・コンピューティングの可能性を知る。
    ¥1,400
  • bs5852050200

    情報の評価とコレクション形成

    氾濫するデータの海を泳ぐために、図書館情報学が導き出す理論。情報化社会を生きる現代人に必須の「評価基準」とは何か。理論から実践・実例までを備えた、基礎的テキストの決定版。
    ¥1,400
  • bs5852050100

    電子書籍と電子ジャーナル

    読書の新たな可能性を切り拓く「電子書籍」、研究者の必需品となった「電子ジャーナル」。図書館の枠組みに大きく影響を与える新メディアの基礎的な技術からメリット・デメリット、図書館利活用のあり方まで解説。
    ¥1,400