bs5852101800
販売価格(税込)
¥1,400

著者所功

ジャンル宗教・文化史

出版社勉誠出版

電子版発売日2014年4月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS 4.4」「iOS 7」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

電子版◆冊子版 発売

なぜいま、伊勢神宮の「常若(とこわか)」の精神が讃えられるのか

20年に1度の式年遷宮が大きな話題になった。そこには、東日本大震災という大きな破局を経験し、これから超高齢化社会というゆるやかな破局を迎える日本人の、願いと叡智を読みとることができる。
願いとは、日本文化を「常若」に保つ精神であり、叡智とは、それを「ソフトパワー」として継承する意思である。
式年遷宮の多くの神事に奉仕した著者が、神事の詳細を語りながら、伊勢神宮が象徴する日本の精神性を解き明かす。

書籍案内

関連商品

  • bs5852211400

    昭和天皇の教科書 国史

    少年皇太子に不可欠な帝王学の特製教科書。博識の碩学が執筆・進講した貴重本を完全公開!
    ¥1,900
  • bs5852207400

    公卿補任図解総覧

    大宝元年(701)~明治元年(1868)の1168年間における『公卿補任』掲載の全現任公卿2,321人の人事記録を図解、位階・年齢・日付とともに一覧できる基礎資料の決定版。
    ¥7,800
  • bs5852301500

    皇室典範と女性宮家

    皇室が永続するには、皇位の男系男子による継承を維持しながら、皇族女子も結婚により宮家を創立できるような「皇室典範」の改正を急ぐ必要がある。
    ¥1,200
  • bs5850536000

    昭和天皇の学ばれた教育勅語

    近代日本の目覚しい発展は、明治天皇の御聖徳によるところが、きわめて大きい。その明治大帝が渙発され、みずから率先垂範に努められた「教育勅語」を満十三歳の少年皇太子のために杉浦重剛翁がわかりやすく説いた御進講の記録全文。
    ¥800