bs5852105100
販売価格(税込)
¥700

著者宮崎正弘

ジャンル哲学

出版社勉誠出版

電子版発売日2018年11月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

冊子版◆電子版 販売

西部邁は『アクティブ・ニヒリズム』を主唱した。
三島由紀夫ほどニーチェを読みこなした作家はいない。
ニーチェは『いまという時間を精一杯生きろ』と言い残したのだ。
暗い書斎から飛び出し、明るい青空の下で読むのこそ、ニーチェの思想の理解にふさわしい!人生を強く生きよと主張したニーチェの思想を読み直す。

書籍案内

関連商品

  • bs5852153600

    三島由紀夫の切腹

    三島の内面で凛烈な滅びの美学として昇華した『葉隠』。武士道美学の殉教者たらんとした精神性に迫る!
    ¥2,400
  • bs5852916800

    三島由紀夫の国体思想と魂魄

    「伝統と革新の均衡」を思想基盤とした、国家論と国体思想を、客観的かつ精密に究明。
    ¥3,400
  • bs5852104900

    日本人を肯定する

    日本人の劣化・自滅は防げるか?世界の思想、日本の思想の同時代状況を生きた著者の述懐と血路を示す。
    ¥800
  • bs5852305900

    米中台 現代三国志

    積年の取材経験から、記者目線で三カ国の政治状況を分析し、アメリカ・中国・台湾の真剣勝負を関係者の証言などにより活写した一冊。
    ¥1,200
  • bs5850601800

    三島由紀夫事典

    三島由紀夫のすべてが簡潔かつ容易にわかる入門書で,専門研究者の要求にも応える高いレベルの内容である。
    ¥7,200
  • bs5852903300

    三島由紀夫と神格天皇

    天皇は日本人と日本の伝統の象徴であるがゆえに超越的絶対神でなければならなかった。巨大な問題提起者・思想的刺激者である三島由紀夫の天皇観を緻密に分析し、「死の真相」を解き明かす。
    ¥2,800