bs5852201200
販売価格(税込)
¥1,000

著者志村有弘

ジャンル歴史

出版社勉誠出版

電子版発売日2014年3月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS 4.4」「iOS 7」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

電子版◆冊子版 発売

男たちの戦いの裏で展開した、命の継承をめぐる女たちの闘い―

歴史と物語の接点を現代視点で読み解く!

お江の父・浅井長政は、信長との闘いにより自刃。生き延びた母お市も越前・北之庄にて自刃。
戦国の覇者、信長は本能寺の変で最期を遂げた。信長を弑した光秀一族も秀吉の前に滅び、その秀吉が生涯を閉じると、家康と嫡男・秀忠と豊臣秀頼・淀殿との熾烈な戦闘が展開された。
戦乱の世に生を受け、数奇な運命に翻弄されたお江は、三度目の婚姻により二代将軍・秀忠の正室となった。
大奥での春日局と熾烈な暗闘、家康の背後で動く黒衣 の宰相・天海。次代の将軍は忠長か家光か。
歴史と文学をつなぎ、崇源院・お江と彼女の生きた時代を浮き彫りにする。

弱者は強者に従う。これが、戦国時代の宿命である。二代将軍・徳川秀忠と妻お江の時代は、まさに戦国残照という名称がふさわしく、信長から続く戦国時代の覇者たちの延長線上に存在するものであった―

書籍案内

関連商品

  • bs5850544100

    戦国武将逸話集

    命を賭して戦った武士たちの真に迫る言葉の数々
    名だたる武将の逸話約700を収録した『常山紀談』を読みやすい現代語にし、注を付した。小説や映画、大河ドラマで描かれ、よく知られた戦国ドラマやエピソード満載。
    ¥1,400
  • bs5850544200

    続 戦国武将逸話集

    人質になることを拒み、自ら壮絶な最期を遂げた細川ガラシャ。敵中を突破して、関ヶ原を退いた島津義弘。名だたる武将の逸話を集めた名著『常山紀談』より、九州平定から関ヶ原合戦前後に至る170話余りを読みやすい現代語で紹介。
    ¥1,400
  • bs5850544300

    続々 戦国武将逸話集

    儒学者であり、「節義の士」と評される湯浅常山が記した『常山紀談』を、読みやすい現代語に訳して紹介する。各話のはじめには、逸話の「あらすじ」や「歴史的背景」など概要を説明。日本史に親しみ、強くなる格好の一冊。
    ¥1,400