bs5852219000
販売価格(税込)
¥1,900

著者森 貴史

ジャンル世界史

出版社勉誠出版

電子版発売日2018年5月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」・「Mac」・「Android OS」・「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

冊子版◆電子版 販売

全裸で、なにが悪い?
健康で清潔な身体は美しい―。そんな価値観は、いつどのように生まれたのか。

19世紀末、ドイツを中心に広がった〈裸体文化〉は、自然療法などの医学や、モダンダンスなどの芸術とともに、新しい生活様式として受容されていった。一方で、優性思想や民族主義にも結びついて、ナチズムとも密接にかかわっていく…。 
自然愛好・菜食主義・健康志向など、今にいたる様々な潮流の淵源ともなった〈裸体文化〉の思想と歴史、実践を200点以上の貴重な写真資料とともに追い、人類における〈裸〉の意味を探る。

書籍案内

関連商品

  • bs5852210600

    ドイツ王侯コレクションの文化史

    16~18世紀のドイツの諸侯が創りだした奇想天外で華やかなりしコレクションの数々。100枚を超える写真を掲載し、中世的世界観が近代知を生みだす胎動期の歴史に触れる。
    ¥2,700
  • bs5852208200

    動物園の文化史

    野生空間で捕らえた動物を、檻や濠のなかで飼育する「動物園」は、メソポタミアの古代文明から現在まで、さまざまな形に変化してきた。
    ¥2,100