bs5852221000
販売価格(税込)
¥2,200

著者溝井裕一

ジャンル文化史

出版社勉誠出版

電子版発売日2018年6月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」・「Mac」・「Android OS」・「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

冊子版◆電子版 販売

古代から現代までの人と水生生物をめぐる関係を、水族館の変遷から読み解く
ひとが「魚を見ること」にはどんな意味が秘められているのか。
古代の養魚池文化にはじまり、黎明期の水族館のユニークな展示、植民地支配とのかかわり、SF小説や映画の影響、第二次世界大戦中の苦難、展示のストーリー化、さらにはヴァーチャル・リアリティ技術とのハイブリッド化が進む最新の水族館事情など、古今東西の水族館文化を図版とともに概観、ガラスの向こう側にひろがる水の世界へいざなう。
カラー・モノクロ図版を200枚以上掲載!

書籍案内

関連商品

  • bs5852219000

    踊る裸体生活

    19世紀末、ドイツを中心に広がった〈裸体文化〉は、自然療法などの医学や、モダンダンスなどとともに、新しい生活様式として受容された。
    ¥1,900
  • bs5852210600

    ドイツ王侯コレクションの文化史

    16~18世紀のドイツの諸侯が創りだした奇想天外で華やかなりしコレクションの数々。100枚を超える写真を掲載し、中世的世界観が近代知を生みだす胎動期の歴史に触れる。
    ¥2,700
  • bs5852208200

    動物園の文化史

    野生空間で捕らえた動物を、檻や濠のなかで飼育する「動物園」は、メソポタミアの古代文明から現在まで、さまざまな形に変化してきた。
    ¥2,100