bs5852223800
販売価格(税込)
¥800

著者加瀬英明

ジャンル日本史(昭和)

出版社勉誠出版

電子版発売日2019年5月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

電子版◆冊子版 販売

「ずいぶんと厳しく、残酷なものだね。
みな、国のために働いてきたのではないか。
これはわたしに退位せよ、という謎ではないか」

GHQによる日本占領、戦犯問題、焦土のなかの巡幸、新憲法制定…。
数々の難局に対峙した昭和天皇の5年8ヶ月を、関係者への膨大なインタビューをもとに再現する。

書籍案内

関連商品

  • bs5852223700

    昭和天皇の苦悩 終戦の決断

    東京大空襲の惨状を極秘に視察した昭和天皇。日本が崩壊しようとするとき、はたしてなにを思い終戦の決意に至ったのか。
    ¥800
  • bs5852340100

    小池百合子氏は流行神だったのか

    日本の「良識」とは何か?アメリカ、中国、南北朝鮮の正体を暴く。まず、わが手に日本を取り戻そう!加瀬英明が日本の現状にモノ申す!
    ¥800
  • bs5852211400

    昭和天皇の教科書 国史

    少年皇太子に不可欠な帝王学の特製教科書。博識の碩学が執筆・進講した貴重本を完全公開!
    ¥1,900
  • bs5852211600

    昭和天皇の戦い

    先の大戦の最後の年1945年から、マッカーサーが日本を離れる1951年まで、綿密な取材によって、日本最大の危機に立ち向かった人びとの姿を克明に描きだす。
    ¥2,200
  • bs5850536000

    昭和天皇の学ばれた教育勅語

    近代日本の目覚しい発展は、明治天皇の御聖徳によるところが、きわめて大きい。その明治大帝が渙発され、みずから率先垂範に努められた「教育勅語」を満十三歳の少年皇太子のために杉浦重剛翁がわかりやすく説いた御進講の記録全文。
    ¥800