bs5852224200
販売価格(税込)
¥1,400

著者安本美典

ジャンル考古学

出版社勉誠出版

電子版発売日2019年7月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

電子版◆冊子版 販売

歴史を捏造する考古学を撃つ―
邪馬台国問題が、旧石器捏造事件によく似てきている―。
奈良県桜井市の纒向(まきむく)遺跡から、ベニバナの花粉が出土した。一部の人々が主張するように、ベニバナは『魏志倭人伝』に登場する「絳(こう・あか)」と結びつくのだろうか。「解釈の捏造」と呼ぶのがふさわしい古代史のスキャンダルを、邪馬台国研究の第一人者が徹底批判。邪馬台国の真実はどこにあるのか

書籍案内

関連商品

  • bs5852255700

    邪馬台国は、銅鐸王国へ東遷した

    大国主の命によって象徴される出雲系勢力。饒速日の命によって象徴される北九州勢力。神武天皇によって象徴される南九州勢力。三つの勢力が織りなす古代日本三国史。
    ¥2,200
  • bs5852255600

    真贋論争「金印」「多賀城碑」

    「多賀城碑」は、江戸時代初期の偽造物である。国宝や重要文化財への真贋の疑惑。真実をどこまで追いつめることができるか。
    ¥2,200