bs5852261100
販売価格(税込)
¥1,900

著者蘭信三(編)

ジャンルアジア遊学

出版社勉誠出版

電子版発売日2017年11月

ファイル形式「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

推奨環境

電子版 販売

帝国日本の消滅とともに生じた、引揚げ、送還、残留の問題を、いまなお残された課題として検証する
日本は近代化と同時に帝国化を推進していき、植民地や勢力圏にひとびとが輩出されていった。同時に、勢力圏から多くのひとびとが内地に流入、さらに朝鮮から満洲へなど、勢力圏内でも人口の大移動が生じた。そして、敗戦による帝国の崩壊によって、劇的な逆流が生じた。
そのような終戦直後の膨大なひとびとの移動は、単に帝国崩壊によって引き起こされただけでなく、戦後東アジアの地域秩序の形成によっても強く規定されていた。
その過程で、日本国内における在日朝鮮人という存在がもたらされ、勢力圏に中国残留孤児をはじめとする「日本人残留者」が生み出された。
そしてそれは、単にひとびとが「新たな国境」を越えて大量に動いた(あるいは残った)というだけではなく、移動したひとびとが戦後の当該社会にどのように包摂され、あるいは排除されていったのかという社会問題と深く関連していた。

関連商品

  • bs5852267900

    魏晋南北朝史のいま

    複数政権が勃興・並立した魏晋南北朝時代。そこに新しい動きが様々な点で生まれ成長し、隋唐時代に繋がる。
    ¥2,200
  • bs5852265800

    シルクロードの来世観

    「来世」のような観念的虚構世界は、独自の固有性を保ちながら、多くの共通点を世界各域に見出すことができる。
    ¥1,600
  • bs5852263000

    周作人と日中文化史

    周作人に触れずに中国の近代文学史を語るのは難しい。日本との関わりを中心に、鋭い国際感覚をもった愛国者・周作人の思想と美学に迫る。
    ¥1,900
  • bs5852262900

    日本近世文学と朝鮮

    日本近世文学を中国からではなく、朝鮮から見ることによって新しい視界を開き、日本と朝鮮との間に存在している問題を明らかにする。
    ¥1,900
  • bs5852262700

    「偽」なるものの「射程」

    本書では日本・中国・韓国・ヴェトナムなど漢字文化圏における神仏に関わる文言に着目し、「偽」なるものが持つ力と可能性を論じる。
    ¥2,000
  • bs5852262200

    大谷光瑞

    中国を中心として、ロシア極東地域・朝鮮半島・台湾・チベットなどへの光瑞の認識を概観し、国家の前途を考えようとしていた軌跡を辿る。
    ¥1,600
  • bs5852261600

    アジアの〈教養〉を考える

    〈教養〉という言葉が魅力を失った野暮ったいものになり、その体系はもはや用をなさなくなったと言われている。
    ¥1,600
  • bs5852261400

    王朝から「国民国家」へ

    日本、モンゴル、満洲といった周辺の国々の視点に立ち、「革命」の歴史的意義とそれがもたらした功罪を再検討する。
    ¥1,600
  • bs5852261200

    民国期美術へのまなざし

    日本・ソ連美術の影響下で覚醒・成長した中華民国期の美術。新中国の体制下で見失われていたその豊穣を新たに検証。
    ¥1,900
  • bs5852260600

    旧鈔本の世界

    これまで見過ごされてきた新たな中国古典学の可能性が、『論語』『史記』『白氏文集』などの旧鈔本タイムカプセル発掘から拓かれてゆく。
    ¥1,600
  • bs5851042600

    中国のイスラーム思想と文化

    中国イスラーム思想・文化的に特筆すべき影響をもたらしながらも、これまで省みられることのなかった文化交渉史の一側面を明らかにする。
    ¥1,600
  • bs5851041100

    地域情報学の創出

    コンピュータ利用による情報学とグローバリズムの影響下で重要性が唱えられる地域研究が、互いを認め合い、その融合をはかろうとしている。
    ¥1,600