bs5852262400
販売価格(税込)
¥1,600

著者丸山顕徳(編)

ジャンルアジア遊学

出版社勉誠出版

電子版発売日2018年2月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

冊子版◆電子版 販売

国際的な視点から「古事記」の本質に迫る
「古事記」を中心に日本神話の全体を見直し、環太平洋神話の一つとして捉え直すことで、その普遍性と独自性を浮き彫りにする。
比較神話学研究組織(主宰者・篠田知和基)と、環太平洋神話研究会(幹事・加藤隆浩、後藤明、丸山顕徳、山田仁史)の両研究組織のメンバーを中心に、全14編の論文から構成。文学・歴史・考古学、文化人類学など、幅広い研究方法を視野に入れる。

関連商品

  • bs5852262300

    東アジアの結婚と女性

    結婚について、東アジア(日本、韓国、中国、台湾)の女性の結婚を語る文学、背景にある歴史と思想・宗教、そして現在から展望する。
    ¥1,900
  • bs5852262200

    大谷光瑞

    中国を中心として、ロシア極東地域・朝鮮半島・台湾・チベットなどへの光瑞の認識を概観し、国家の前途を考えようとしていた軌跡を辿る。
    ¥1,600
  • bs5852262100

    もう一つの古典知

    多面的な「知」の諸相やダイナミックに変容する「知」のありようを照射することで、豊穣なる日本の知の動態を捉える。
    ¥1,900
  • bs5852261800

    東アジアの短詩形文学

    日中韓そして古代から現代へと、空間・時間を超えて共有される、研ぎ澄まされた言葉が織りなす短詩形文学の小宇宙を垣間見る。
    ¥1,900
  • bs5852261700

    東アジアの王権と宗教

    権力が宗教と結びついた時に国家と文化・芸術が受ける影響関係について、文学・歴史学・思想史学などの視角から検証する。
    ¥1,600
  • bs5852261600

    アジアの〈教養〉を考える

    〈教養〉という言葉が魅力を失った野暮ったいものになり、その体系はもはや用をなさなくなったと言われている。
    ¥1,600
  • bs5852261500

    東アジアのサブカルチャーと若者のこころ

    北京、上海、香港、台北、シンガポールでフィールド調査し、東アジアサブカルチャー受容の現在を報告する。
    ¥1,600
  • bs5852261400

    王朝から「国民国家」へ

    日本、モンゴル、満洲といった周辺の国々の視点に立ち、「革命」の歴史的意義とそれがもたらした功罪を再検討する。
    ¥1,600
  • bs5852261300

    唐物と東アジア

    唐物とよばれる舶載品が、奈良から平安、そして中世や近世まで、どのように受容され日本文化史に息づいているかを明らかにする。
    ¥1,600
  • bs5852261200

    民国期美術へのまなざし

    日本・ソ連美術の影響下で覚醒・成長した中華民国期の美術。新中国の体制下で見失われていたその豊穣を新たに検証。
    ¥1,900
  • bs5852261100

    帝国崩壊とひとの再移動

    終戦直後の膨大な人々の移動は帝国崩壊により引き起こされただけでなく、戦後東アジアの地域秩序の形成によっても強く規定がされていた。
    ¥1,900
  • bs5852260600

    旧鈔本の世界

    これまで見過ごされてきた新たな中国古典学の可能性が、『論語』『史記』『白氏文集』などの旧鈔本タイムカプセル発掘から拓かれてゆく。
    ¥1,600
  • bs5852260500

    アイヌ史を問いなおす

    「先住民族史」という視点を積極的に導入し、既成の「日本史」の附属物ではない、「アイヌを主体とする」新たな歴史像を模索する。
    ¥1,600
  • bs5852260300

    東西交渉とイラン文化

    宗教・思想・伝承といった、様々な観点から文化交渉における諸相を多角的に論じ、世界史に与えたイラン文化の影響を考察。
    ¥1,600
  • bs5852260100

    出雲文化圏と東アジア

    神の国といわれる出雲の強い宗教性を特徴とする地域全体を「出雲文化圏」と設定し、時代・地域横断的にとらえなおす。
    ¥1,600