bs5852266000
販売価格(税込)
¥1,600

著者アンジェラ・ユー/小林幸夫/長尾直茂/上智大学研究機構(編)

ジャンルアジア遊学

出版社勉誠出版

電子版発売日2018年9月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

冊子版◆電子版 販売

かつて日本を代表する〝文豪〟としてお札の中に閉じ込めていた漱石を、私たちはもう日本という埒内だけに留めておくことはできない―
夏目漱石『こころ』は、1914年に連載が開始されて以来、日本近代文学を代表する作品として読まれ続けてきた。また、優れた翻訳によって、国内だけでなく、海外でも読まれ、研究される作品となっている。
国内外の研究者による様々な論攷から、百年を経た過去の作品としてではなく、いま世界で読まれる文学作品としての魅力と読みの可能性を提示する。

関連商品

  • bs5852267900

    魏晋南北朝史のいま

    複数政権が勃興・並立した魏晋南北朝時代。そこに新しい動きが様々な点で生まれ成長し、隋唐時代に繋がる。
    ¥2,200
  • bs5852265800

    シルクロードの来世観

    「来世」のような観念的虚構世界は、独自の固有性を保ちながら、多くの共通点を世界各域に見出すことができる。
    ¥1,600
  • bs5852263000

    周作人と日中文化史

    周作人に触れずに中国の近代文学史を語るのは難しい。日本との関わりを中心に、鋭い国際感覚をもった愛国者・周作人の思想と美学に迫る。
    ¥1,900
  • bs5852262900

    日本近世文学と朝鮮

    日本近世文学を中国からではなく、朝鮮から見ることによって新しい視界を開き、日本と朝鮮との間に存在している問題を明らかにする。
    ¥1,900
  • bs5852262700

    「偽」なるものの「射程」

    本書では日本・中国・韓国・ヴェトナムなど漢字文化圏における神仏に関わる文言に着目し、「偽」なるものが持つ力と可能性を論じる。
    ¥2,000
  • bs5852262200

    大谷光瑞

    中国を中心として、ロシア極東地域・朝鮮半島・台湾・チベットなどへの光瑞の認識を概観し、国家の前途を考えようとしていた軌跡を辿る。
    ¥1,600
  • bs5852908200

    私小説千年史

    日本語がつくり上げた日本の文学―日記文学、和歌や俳句、随筆を経て、私小説という表現手法が生まれた道筋、その生い立ちを浮かび上がらせる。
    ¥1,900