bs5852266900
販売価格(税込)
¥1,900

著者土屋昌明・「中国六〇年代と世界」研究会(編)

ジャンルアジア遊学

出版社勉誠出版

電子版発売日2018年10月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

冊子版◆電子版 販売

文化大革命が提示した諸問題は、過去のものでも、中国だけのものでもない―
発動から50年がたったいま、文革の歴史的背景、その思想、その後のそれぞれの生き方など、様々な角度から全貌を探る。文献資料だけでなく、近年制作された胡傑監督のドキュメンタリー映画『星火』『紅色美術』や、経験者たちのライフヒストリーも交え、「文革という経験」を浮かび上がらせる。
現代中国のルーツであり、また個人の生き方さえも変えてしまうほどの影響力を持った文化大革命を、いま、再考する。

関連商品

  • bs5852261400

    王朝から「国民国家」へ

    日本、モンゴル、満洲といった周辺の国々の視点に立ち、「革命」の歴史的意義とそれがもたらした功罪を再検討する。
    ¥1,600
  • bs5852204600

    北京1966

    1966年の北京。革命の嵐に巻き込まれた20歳のフランス人女性。彼女が撮影した貴重なカラー写真には、新聞やプロパガンダの映像とはまったく異なる、 都市の「素顔」が克明に印されていた。これは人びとの「眼差し」と生活の「細部」の記録である。
    ¥2,600
  • bs5852209500

    ジェノサイドと文化大革命

    著者自身が収集した、約6000頁にのぼる中国政府の公文書と被害者報告書、加害者の反省文など、ほとんどが中国では未公開で研究者も閲覧できない資料に依拠。被害者と加害者の双方の資料をもちいた、モンゴル人ジェノサイドの文献的研究。
    ¥4,800
  • bs5852205700

    植民地としてのモンゴル

    周辺民族の目に、共産主義革命はどう映っていたのか。日本の知識人・研究者は近代以降の中国をどう捉えてきたか。日本在住のモンゴル人である著者が、中国独特のナショナリズムの構造を鋭く分析する。
    ¥2,000