bs5852268800
販売価格(税込)
¥2,200

著者柴田幹夫(編)

ジャンルアジア遊学

出版社勉誠出版

電子版発売日2018年12月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

電子版◆書籍版 販売

日台双方の視点から植民地期の布教を再検討する―
1895年から1945年までの日本統治時代に曹洞宗、真言宗、浄土真宗本願寺派、大谷派などの仏教教団各宗派が展開した布教活動に焦点を当てる。

従軍布教をはじめ、病気平癒を求める現世利益的な行動のほか、救済・医療・教育・出版など多様な活動を通じた布教方法の実態を考察。
さらに本願寺の大谷光瑞の活動を通じて、台湾の産業化、近代化の様相を明らかにする。

◇書評・インタビュー記事など◇

「週刊仏教タイムス」第2776号(2018年9月13日)に書評が掲載されました。
「台湾協会報」第769号(2018年10月15日)に書評が掲載されました。(評:河原功(台湾協会理事))
「図書新聞」(2018年11月24日付)に書評が掲載されました。(評:高井ヘラー由紀(南神神学院神学研究所))
「中外日報」(2019年3月1日)に紹介記事が掲載されました。(評:那須弘紹(浄土真宗本願寺派慈願寺住職))
「東方」第457号(2019年3月)にの書評が掲載されました。(評:伍嘉誠(長崎大学))

【タイトル別 分売】
序言                              著:柴田幹夫 価格:300円

日本統治時代の台湾における仏教系新宗教の展開と普遍主義―本門仏立講を事例として
                                 著:藤井健志 価格:300円

「廟」の中に「寺」を、「寺」の中に「廟」を―『古義真言宗台湾開教計画案』の背景にあるもの
                                 著:松金公正 価格:300円

真宗大谷派の厦門開教―開教使神田恵雲と敬仏会を中心に    著:坂井田夕起子 価格:300円
植民地初期(1895〜1896)日本仏教「従軍僧」の台湾における従軍布教
 ―浄土宗布教使林彦明を中心に             著:闞正宗(喻楽・訳) 価格:300円
台湾における真宗本願寺派の従軍布教活動             著:野世英水 価格:300円
コラム◎大谷派台北別院と土着宗教の帰属             著:新野和暢 価格:300円
コラム◎植民地統治初期台湾における宗教政策と真宗本願寺派     著:張益碩 価格:300円
コラム◎台湾布教史研究の基礎資料『真宗本派本願寺台湾開教史』
                            著:沈佳姍(王鼎・訳) 価格:300円
コラム◎海外布教史資料集の刊行の意義              著:中西直樹 価格:300円
コラム◎『釋善因日記』からみた台湾人留学僧の活動         著:釋明瑛 価格:300円
1935年新竹・台中地震と日本仏教                 著:胎中千鶴 価格:300円
日治時代台湾における日本仏教の医療救済              著:林欐嫚 価格:300円
台北帝国大学南方人文研究所と仏教学者の久野芳隆         著:大澤広嗣 価格:300円
伊藤賢道と台湾                         著:川邉雄大 価格:300円
日本統治期台湾における江善慧と太虚の邂逅―霊泉寺大法会を中心として
                                 著:大平浩史 価格:300円

コラム◎日本統治期台湾に於ける仏教教育機関設立の背景
 ―仏教グローバル人材の育成を求めて               著:大野育子 価格:300円
コラム◎第二次世界大戦期の台湾総督府資料に見られる東南アジア事情
                                 著:松岡昌和 価格:300円
コラム◎台湾宗教史研究の先駆者―増田福太郎博士関係資料一斑   著:吉原丈司 価格:300円
大谷光瑞と「熱帯産業調査会」                  著:柴田幹夫 価格:300円
台湾高雄「逍遥園」戦後の運命             著:黃朝煌(応雋・訳) 価格:300円
台湾の大谷光瑞と門下生「大谷学生」               著:加藤斗規 価格:300円
仏教と農業のあいだ―大谷光瑞師の台湾での農業事業を中心として  著:三谷真澄 価格:300円
コラム◎台湾・中央研究院近代史研究所の大谷光瑞に係わる档案資料について
                                 著:白須淨眞 価格:300円
コラム◎西本願寺別邸「三夜荘」の研究―大谷光尊・光瑞の二代に亘る別邸
                                  著:菅澤茂 価格:300円

関連商品

  • bs5852267900

    魏晋南北朝史のいま

    複数政権が勃興・並立した魏晋南北朝時代。そこに新しい動きが様々な点で生まれ成長し、隋唐時代に繋がる。
    ¥2,200
  • bs5852267000

    交錯する台湾認識

    新しい民主主義国家としての変化など、台湾の過去と現在、そしてこれからの可能性を提示する。
    ¥2,200
  • bs5852265800

    シルクロードの来世観

    「来世」のような観念的虚構世界は、独自の固有性を保ちながら、多くの共通点を世界各域に見出すことができる。
    ¥1,600
  • bs5852262200

    大谷光瑞

    中国を中心として、ロシア極東地域・朝鮮半島・台湾・チベットなどへの光瑞の認識を概観し、国家の前途を考えようとしていた軌跡を辿る。
    ¥1,600
  • bs5852260000

    東アジアをめぐる金属工芸

    金工品等の比較研究、各種工芸・絵画作品・文献史料の読み解き、造形・意匠の伝播や展開、「モノ」としての意味や機能を明らかにする。
    ¥2,400