bs5852306100
販売価格(税込)
¥2,200

著者福井憲彦(編)

ジャンル社会学

出版社勉誠出版

電子版発売日2018年3月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」・「Mac」・「Android OS」・「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

冊子版◆電子版 販売

文学部廃止論がメディアで取り沙汰されてから、人文社会科学へのまなざしが一層変化してきている。
その発端は2015年6月に出された文部科学大臣の人文社会科学・縮小再編を指示する通知。
政府が向けるまなざしは、本当に日本の人文社会科学の衰退を表しているのか? 実態はどうなっているのか?
また、この時代の流れから導き出される未来の「知」は、どのようなものになるのか? 
本書では6人の各分野の識者が、それぞれの視野から人文社会科学の危機を論ずる。これまでの一連の「文学部廃止論」の実相を大学論や制度論を絡めて取り上げ、さらに人文社会科学の本来の知のあり方や未来像の提示にまで進む。
この人文社会科学の危機の時代を乗り越え、さらに新たな可能性を見出すための思考の武器となるものを目指す。

書籍案内

関連商品

  • bs5852906200

    国文学の百年

    古典文学はアジア世界との関わりのなかで成立した〈神と人間の交流の世界〉であり、近現代文学は西洋世界との関わりのなかで形成された〈神と人間を峻別する世界〉である。異質な二種からなる日本文学の全体像を解明できなかった為に、国文学は凋落した。国文学の成立史を丹念に辿り、再生の道筋を示す。
    ¥1,800