bs5852306900
販売価格(税込)
¥700

著者加瀬英明・馬渕睦夫

ジャンル現代思想

出版社勉誠出版

電子版発売日2019年7月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

電子版◆冊子版 販売

世界一信用度の高い伝統と文化の国=日本。
令和時代の指針を示す!
「国際連合」は存在しない―。
日本で「国連」と呼ばれている“United Nations”という言葉は、本来、第二次世界大戦の「連合国」のことであり、「国際連合」という日本語は、その実態を隠す意図的な誤訳である。
この言葉遣いに現れている日本政府と国民の無邪気な国連信仰が、平和憲法下の戦後民主主義体制の欠陥の象徴であり、このような戦後の日本人の精神的劣化こそ、いま日本を襲っている国難を招いた根本原因である。「国際」や「平和」といった空虚な言葉はポリティカル・コレクトネスの名の下の言葉狩りの象徴であって、決して信用してはならない。
トランプ政権の誕生や、イギリスのEU離脱に象徴されるように、グローバリズムの時代は終わりを迎えている。そのようなときにわれわれがなすべきこと、それは国民一人ひとりが伝統精神と自立を取り戻すことである。

書籍案内

関連商品

  • bs5852223800

    昭和天皇の苦闘 巡幸と新憲法

    数々の難局に対峙した昭和天皇の5年8ヶ月を、関係者への膨大なインタビューをもとに再現する。
    ¥800
  • bs5852223700

    昭和天皇の苦悩 終戦の決断

    東京大空襲の惨状を極秘に視察した昭和天皇。日本が崩壊しようとするとき、はたしてなにを思い終戦の決意に至ったのか。
    ¥800
  • bs5852340100

    小池百合子氏は流行神だったのか

    日本の「良識」とは何か?アメリカ、中国、南北朝鮮の正体を暴く。まず、わが手に日本を取り戻そう!加瀬英明が日本の現状にモノ申す!
    ¥800
  • bs5852211600

    昭和天皇の戦い

    先の大戦の最後の年1945年から、マッカーサーが日本を離れる1951年まで、綿密な取材によって、日本最大の危機に立ち向かった人びとの姿を克明に描きだす。
    ¥2,200