bs5852307500
販売価格(税込)
¥700

著者渡辺 望

ジャンル日本史

出版社勉誠出版

電子版発売日2020年6月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

電子版◆冊子版 販売

世界は和食ブーム!―ラーメン・オムライスから懐石料理まで
日本のラーメンが世界で大人気、来日する中国人観光客も日本のラーメン屋の前で行列を作っている。また、日本のパスタは本場イタリアで大流行している。
一方、寿司は世界を席巻し、「和食」がユネスコの世界遺産に登録された。
日本の食は世界の中でも独自の特徴を持ったユニークな文化でありながら、世界中で「好きな外国料理」のトップを独走している。
どこにいっても美味しいものがあり、誰でもそれを食べられる国、日本。海山の潤沢な恵みを、ゆっくりと時間をかけて料理する和食。豊富なエピソードで和食のさまざまな秘密を解き明かしながら、日本の豊かな食文化とその底に流れる精神を探求する。

田中英道氏推薦!
「なぜ日本人は、中華料理を日本に取り入れなかったのか」
著者は、食文化に、日本人の自立した文化の姿を捉えようとする。これほど日本文化と中国文化の異質性を示すものはないだろう。ラーメンがあるではないか、と読者は問われるかもしれない。しかし、「日本のラーメンに群がる中国人」の項では、歴史的に三つのラーメンの起源を論じた上で、そこに「天地の開き」があるというのだ。食通ばかりでなく文化通にも必読の書である。

書籍案内

関連商品

  • bs5852401200

    パンデミックと漢方

    漢方は日本の医学・薬学である!新薬アビガンも漢方研究から生まれた。漢方薬の歴史が明らかにする21世紀の日本の創薬力。
    ¥1,200