bs5852803700
販売価格(税込)
¥8,000

著者高橋敬一

ジャンル言語学

出版社勉誠出版

電子版発売日2018年4月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」・「Mac」・「Android OS」・「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

冊子版◆電子版 販売

平安時代末期の言語を反映しているとされ、その文体・語彙・表記の特殊性から、日本語史研究における貴重な資料の一つである『今昔物語集』。
本書は、その個別事例を丹念に読み解き、状態化アスペクト形式の定着、漢字片仮名交り文という表記法、話末形式句、仏教用語の受容といった、日本語の歴史を考える上で欠かすことのできない多数のトピックから、『今昔物語集』の構文を解き明かす。

書籍案内

関連商品

  • bs5859810000

    西大寺本 金光明最勝王経 古点の国語学的研究

    詳細に付された白点を解読した訳文を付す本文編と、国語学的考察を加えた研究編より成る。国語学史上の金字塔。
    ¥10,800
  • bs5852262200

    大谷光瑞

    中国を中心として、ロシア極東地域・朝鮮半島・台湾・チベットなどへの光瑞の認識を概観し、国家の前途を考えようとしていた軌跡を辿る。
    ¥1,600
  • bs5852801800

    仏教からはみだした日常語

    日常のことばのルーツに仏教が隠れていた!ことばの持つ意味を変え、使い慣らしていく日本人のエスプリを見る。
    ¥1,400
  • bs5852207600

    南方熊楠の見た夢

    生と死、自己と他者、現実と夢、妄想と事実、正常と異常…。日常の中の二項対立を越えて、熊楠が考え続けたものは何だったのか。膨大に書かれ、残された記録の中から「夢」を巡る断片を繋ぎ合わせ、今なお驚きと斬新さを持ち続ける哲学像を浮かび上がらせる。
    ¥3,400