bs5852904800
販売価格(税込)
¥2,900

著者梅澤亜由美

ジャンル文学

出版社勉誠出版

電子版発売日2016年8月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」・「Mac」・「Android OS」・「iOS」
タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

電子版◆冊子版 販売

「私」という「自我」の自覚によってはじまった日本近代文学。その「私」にこだわることにどんな意味があるのか―

田山花袋『蒲団』(1907)から小島信夫『各務原 名古屋 国立』(2002)まで、〈私小説〉の100年を辿り、成立と変遷、そして今後の可能性を提示する。
認識する/される「私」から生まれる作品群を、「私探究」の文学として捉え直し、従来とは異なる観点から考察する。新しい「私小説」のためのガイドブック!

書籍案内

関連商品

  • bs5852908200

    私小説千年史

    日本語がつくり上げた日本の文学―日記文学、和歌や俳句、随筆を経て、私小説という表現手法が生まれた道筋、その生い立ちを浮かび上がらせる。
    ¥1,900
  • bs5852907700

    偶然の日本文学

    日常には偶然が満ち満ちているが、小説における偶然は、すべて作者による虚構である。偶然を、作家はどのように創り上げ、読者はどのように受け取るのか。
    ¥2,200
  • bs5852900500

    だからプロレタリア文学

    新しい共感をあつめているプロレタリア文学の名作を厳選。「今」の労働状況を映しだす17の普遍的名作、その名文・名ゼリフに詳しい解説、著者紹介をくわえた、究極のプロレタリア文学ガイド!!
    ¥1,400