bs5852914000
販売価格(税込)
¥4,800

著者大橋毅彦

ジャンル日本文学

出版社勉誠出版

電子版発売日2017年9月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」・「Mac」・「Android OS」・「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

冊子版◆電子版 販売

多数の民族・言語・文化が重なり合った1920年代後半~1945年の上海を、文学はどのように描いてきたのか

金子光晴・横光利一から池田克己・室伏クララまでの小説や詩、多彩な演目がかかった劇場空間や美術と文学との交響のドラマなど、その地に関わりを持った人びとの言説と記録から個別の体験を探り、文学・歴史研究における上海像の見直しを図る。
一つ一つの小さな声が織りなす多層的な場としての上海を、度重なる現地踏査を踏まえて提示する。
作品の舞台へと案内する詳細な上海地図、現地刊行の新聞・雑誌メディアの細目や記事情報も多数掲載。

書籍案内

関連商品

  • bs5852904800

    私小説の技法

    〈私小説〉の100年を辿り、成立と変遷、そして今後の可能性を提示する。新しい「私小説」のためのガイドブック!
    ¥2,900
  • bs5852907400

    井上靖の小説世界

    自伝的作品である『しろばんば』、『わが母の記』、芥川賞受賞作『闘牛』、山岳社会小説『氷壁』、移民文学『わだつみ』など、井上靖の膨大な小説作品群から12篇を取り上げ、構想・内容・特色・素材・創作術・文芸性などを広角的に探求する。
    ¥2,200
  • bs5852905800

    占領期の出版メディアと検閲

    占領下にあった広島の文芸の様相は、GHQの検閲という黒雲が去った後、白日のもとに呼び戻されたか。未だに覆われた部分の多い当時の文芸活動を分析し、新たなアプローチを試みる。
    ¥1,400
  • bs5852900500

    だからプロレタリア文学

    新しい共感をあつめているプロレタリア文学の名作を厳選。「今」の労働状況を映しだす17の普遍的名作、その名文・名ゼリフに詳しい解説、著者紹介をくわえた、究極のプロレタリア文学ガイド!!
    ¥1,400
  • bs5852903300

    三島由紀夫と神格天皇

    天皇は日本人と日本の伝統の象徴であるがゆえに超越的絶対神でなければならなかった。巨大な問題提起者・思想的刺激者である三島由紀夫の天皇観を緻密に分析し、「死の真相」を解き明かす。
    ¥2,800
  • bs5852906200

    国文学の百年

    古典文学はアジア世界との関わりのなかで成立した〈神と人間の交流の世界〉であり、近現代文学は西洋世界との関わりのなかで形成された〈神と人間を峻別する世界〉である。異質な二種からなる日本文学の全体像を解明できなかった為に、国文学は凋落した。国文学の成立史を丹念に辿り、再生の道筋を示す。
    ¥1,800