bs5852915700
販売価格(税込)
¥2,600

著者千葉俊二

ジャンル日本文学

出版社勉誠出版

電子版発売日2018年7月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

電子版◆冊子版 販売

文学も科学も、そう遠いものじゃない!?
寺田寅彦は、金平糖の結晶やガラスの割れ目など偶然に見える現象に法則を見いだそうとし、二葉亭四迷・夏目漱石をはじめとする近代作家たちは、文学作品のうちに隠された法則を探ろうと苦闘した。小説のなかに働く力学と、20世紀後半に確立したカオス、フラクタル、セルオートマトンといった複雑系の科学。芥川龍之介、谷崎潤一郎、村上春樹といった作家たちの文学と科学とをつなぐ、物語生成の法則を考察する。附録に、全集未収録の横光利一「文学と科学」、寺田寅彦の書簡も掲載。

書籍案内

関連商品

  • bs5852915200

    私小説のたくらみ

    従来は「私小説」として扱われなかった作品も取り上げ、日本近代文学における「私」語りのありようを考察する。
    ¥2,900
  • bs5852904800

    私小説の技法

    〈私小説〉の100年を辿り、成立と変遷、そして今後の可能性を提示する。新しい「私小説」のためのガイドブック!
    ¥2,900
  • bs5852908200

    私小説千年史

    日本語がつくり上げた日本の文学―日記文学、和歌や俳句、随筆を経て、私小説という表現手法が生まれた道筋、その生い立ちを浮かび上がらせる。
    ¥1,900
  • bs5852907700

    偶然の日本文学

    日常には偶然が満ち満ちているが、小説における偶然は、すべて作者による虚構である。偶然を、作家はどのように創り上げ、読者はどのように受け取るのか。
    ¥2,200
  • bs5852900500

    だからプロレタリア文学

    新しい共感をあつめているプロレタリア文学の名作を厳選。「今」の労働状況を映しだす17の普遍的名作、その名文・名ゼリフに詳しい解説、著者紹介をくわえた、究極のプロレタリア文学ガイド!!
    ¥1,400