bs5852916800
販売価格(税込)
¥3,400

著者藤野 博

ジャンル近現代思想

出版社勉誠出版

電子版発売日2018年9月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

電子版◆冊子版 販売

日本人の生命は誰が守るのか
「生命尊重のみで、魂は死んでもいいのか」「生命以上の価値とは、われわれの愛する、歴史と伝統の国、日本である」と国民の覚醒と自尊自立を訴えた三島由紀夫。
「伝統と革新の均衡」を思想基盤とした、国家論と国体思想を、客観的かつ精密に究明。
魂魄の真価が今よみがえる。

書籍案内

関連商品

  • bs5852153600

    三島由紀夫の切腹

    三島の内面で凛烈な滅びの美学として昇華した『葉隠』。武士道美学の殉教者たらんとした精神性に迫る!
    ¥2,400
  • bs5852104900

    日本人を肯定する

    日本人の劣化・自滅は防げるか?世界の思想、日本の思想の同時代状況を生きた著者の述懐と血路を示す。
    ¥800
  • bs5850601800

    三島由紀夫事典

    三島由紀夫のすべてが簡潔かつ容易にわかる入門書で,専門研究者の要求にも応える高いレベルの内容である。
    ¥7,200
  • bs5852903300

    三島由紀夫と神格天皇

    天皇は日本人と日本の伝統の象徴であるがゆえに超越的絶対神でなければならなかった。巨大な問題提起者・思想的刺激者である三島由紀夫の天皇観を緻密に分析し、「死の真相」を解き明かす。
    ¥2,800