bs5852918700
販売価格(税込)
¥9,600

著者山口謠司

ジャンル中国古典

出版社勉誠出版

電子版発売日2020年2月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

電子版◆冊子版 販売

詩聖・杜甫、詩仙・李白が読んでいた『尚書』は、現行の『尚書』とまったく異なるものだった!
『藝文類聚』・『群書治要』などの類書に引かれている『尚書』、ならびに遣唐使将来本・敦煌本『尚書』を駆使して、唐玄宗皇帝勅命改字以前の『尚書』を復元。
写本としての揺れを把握することは、魏晋南北朝期の『尚書』を思想的に解明することのみならず、宋学以降の『尚書』解釈を解明するための資料となる。

書籍案内

関連商品

  • bs5852220200

    遣唐使から巡礼僧へ

    東アジア世界の展開とともに変容する古代・中世の対外関係を活写した22編の必読論文を集成。
    ¥8,000
  • bs5852267900

    魏晋南北朝史のいま

    複数政権が勃興・並立した魏晋南北朝時代。そこに新しい動きが様々な点で生まれ成長し、隋唐時代に繋がる。
    ¥2,200
  • bs5852261300

    唐物と東アジア

    唐物とよばれる舶載品が、奈良から平安、そして中世や近世まで、どのように受容され日本文化史に息づいているかを明らかにする。
    ¥1,600
  • bs5852214300

    中国古代都城の設計と思想

    日本の平城京や渤海の上京の模範となった唐の長安城のプランは、中国の伝統的な都城のイメージとは一線を画すものであった。
    ¥8,800
  • bs5852102800

    東アジアにおける日本朱子学の位相

    山崎闇斎の創始した崎門学派の思想を、特に朝鮮の李退渓との比較において東アジア近世思想史の中に再定位する。
    ¥6,400