bs5852960000
販売価格(税込)
¥1,900

著者金子未佳

ジャンル評論・伝記

出版社勉誠出版

電子版発売日2014年9月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS 4.4」「iOS 7」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

電子版◆冊子版 発売

「赤い靴」「七つの子」「兎のダンス」「黄金虫」など、今なお歌い継がれる童謡の作者であり、坪内逍遥、石川啄木らとも交流のあった野口雨情の生涯を探る。
近年の野口雨情研究で明らかになった年譜的事実を踏まえながら、新たな資料も紹介。
雨情の人生と作品の変遷を味わう。

書籍案内

関連商品

  • bs5850519500

    田山花袋

    花袋=『蒲団』=自然主義という従来の定式では捉えきれない、「面白い」作家、田山花袋のすべて。明治期の日本文学史の流れから作家像を描く。
    ¥1,600
  • bs5850520000

    村上春樹

    デビュー作『風の歌を聴け』から大ベストセラー『ノルウェイの森』を経て、最新作『1Q84』まで、重要作品を丹念に解説。
    ¥1,600
  • bs5850519800

    円地文子

    『源氏物語』の現代語訳を作家活動の到達点とし、残された作品と資料から彼女の全体像を明らかにする。巻末には略年譜も所収した、円地文子論の決定版。
    ¥1,600
  • bs5850519700

    林 京子

    林文学の価値を世界的視野で論じ、平和と人間性回復を希求する林京子論の決定版。林京子の文学と生涯を知る最適の入門書。
    ¥1,600
  • bs5850519600

    辻 邦生

    『廻廊にて』『安土往還記』『背教者ユリアヌス』『西行花伝』など、西洋文学の深い造詣に裏打ちされた数々の名作を残した辻邦生。その波乱に富んだ生涯を知り、代表的な作品を解説する。
    ¥1,600
  • bs5850519300

    菊池 寛

    文藝春秋社創始者であり、『恩讐の彼方に』『藤十郎の恋』『真珠夫人』などの作家としても知られる日本文学史上の巨人、菊池寛。多彩なエピソードに満ちたその生涯と作品を丹念に読み込み、研究入門に最適な一冊。
    ¥1,600
  • bs5850519100

    幸田 文

    女流作家、幸田文の決定的評伝。父露伴を支えながら娘青木玉を育て、「文壇の名家」幸田家をはぐくんだ幸田文。その随筆から小説までを詳細に検証し、女性であり娘、妻、母であり作家であった幸田文の生涯と文学に迫る。
    ¥1,600
  • bs5850519000

    小野小町

    六歌仙・三十六歌仙のひとりとして日本文学史上に名を残しながら、恋多き伝説の美女として能や浄瑠璃などの題材にもなった小野小町。謎多き伝説の才媛を知る絶好のガイド。
    ¥1,600
  • bs5850518800

    高浜虚子

    反近代の精神をもって俳句文芸を死守した日本近代文学の巨人、高浜虚子の生涯をどこまでも丹念に描いた評伝の決定版。これ一冊で虚子のすべてがわかる。
    ¥1,600
  • bs5850518600

    野上彌生子

    百歳の長寿を、その死の二日前まで現役作家として在り続け、遺作となった長編の最終章を練りに練っていて倒れた野上彌生子。その波乱に富んだ長い生涯を、代表的な文学作品との関わりを中心として描く、決定的評伝。
    ¥1,600
  • bs5850518400

    三島由紀夫

    創作ノートや遺品資料を駆使して、これまで不明確だった伝記的事項を確定し、知人・友人の証言や新聞・週刊誌の記事をふんだんに使って跡づけ、多角的に実証。文学、演劇、映画、スポーツ、思想、政治など、多領域にわたり活動した不逞偉才の《三島》に迫る。
    ¥1,600
  • bs5850518200

    三浦綾子

    作品のいたるところにキリスト教の思想が散りばめられ、自らの作品が読者を「聖書」へと導くための伝道の手段となることが、己の作家としての役割であるとの思いを、一貫して持ち続けてきた稀有な作家であった。人物像や生い立ち、作品から迫る。
    ¥1,600
  • bs5850518000

    兼好

    「兼好は、恋もした。宮廷の勤務もした。東国へ旅立つこともした。勅撰歌人でもあった。恋歌の代作もした。兼好の足跡をたどれば、(隠者〉の風貌よりはむしろ、世塵になずむ〈市井の人〉の姿態がつよく押し出されるかもしれない。
    ¥1,600
  • bs5850517900

    芹沢光治良

    日本はもとより海外で高名な作家芹沢光治良は、二十一世紀にはさらに世界的作家としての名声を博すであろう。その芹沢光治良の人と作品の唯一第一の解説書である。
    ¥1,600
  • bs5850517500

    堀 辰雄

    東京下町、軽井沢、信濃・大和の旅人として、モダニズムの先端から鎮魂・回帰を生き、世紀を超えて静かに燃える堀辰雄文学。「いまこそ、我々の生は、われわれの運命より以上であることが、証明されなければならない」堀辰雄の人と文学は、その試金石だった。
    ¥1,400