bs5852030108
販売価格(税込)
¥200

著者中村雄祐

ジャンル分売 DHjp 2

出版社勉誠出版

電子版発売日2014年2月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS 4.4」「iOS 7」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

若い人たちに伝える。どこに行けば「最先端」に触れられるのか?

情報技術の発展につれて読み書きが大きく変わりつつある現在は、研究対象が体系化する以前の「ことば」と「かたち」に注目する文化資源学にとっても興味深い時代。デジタル時代の学際研究を実践しながら考えるための絶好の機会となっている。

関連商品

  • bs5852030110

    赤間亮  イメージデータベースの効用

    美術工芸品などの文化資源研究では、イメージデータベースが基盤ツールとなり、研究環境は大きく変わりつつある。浮世絵の研究を事例に、オンラインで編集可能な「イメージデータベースの効用」について述べる。
    ¥200
  • bs5852030109

    阪田真己子  「わざ」を後世へ残す

    印象派画家、エドガー・ドガ(1834-1917)が残した功績は大きい。何しろ、100年前のバレエダンサーが華麗に舞う姿を我々に残してくれたのだから―。この世に生きた証として、自らの舞姿を後世に残すことは踊り手の悲願であったに違いない。
    ¥200
  • bs5852030107

    川口雅子  美術史における画像の力とデジタル技術

    若き初学者がDHの熱を感じとるには、学問分野の知的発展の過程を理解したうえで、プロジェクトの革新性を見きわめる知性が必要であろう。人文学の一分野である美術史の場合、知的基盤の伝統と革新はどこにあるのか。
    ¥200
  • bs5852030106

    鈴木桂子  社会性から考える海外DH の研究と教育

    デジタル・ヒューマニティーズの出現は研究の対象、参加する研究者の数、研究手法、成果発信・社会還元といったものの関係全てを大きく変える可能性を示している。社会性をキーワードとし、魅力的な海外のDH関係プロジェクト、DH教育について紹介する。
    ¥200