bs5852030202
販売価格(税込)
¥200

著者永崎研宣

ジャンル分売 DHjp 3

出版社

電子版発売日2014年4月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS 4.4」「iOS 7」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

「大正新脩大藏經」編纂には膨大な作業と努力が注ぎ込まれた。
学術編集の結晶への権利保護はどうあるべきなのか。その編纂の経緯を追いながら、権利保護を考える。

関連商品

  • bs5852030205

    湯浅俊彦  次世代に向けた出版 コンテンツの利活用

    図書や逐次刊行物のデジタル化やボーンデジタルの電子出版が進展するにつれ、出版業界と図書館界の利害調整が必要な局面がますます増加し、さまざまな著作権上の課題が提起されている。
    ¥200
  • bs5852030204

    糸賀雅児  『大蔵経』公開停止問題を図書館経営から考える

    国会図書館は、インターネット公開していた『大正新脩大蔵経』及び『南伝大蔵経』を、2013年7月12日より暫定的に公開停止とした。その後、『大正新脩大蔵経』の再公開を打ち出したが、この一連の判断の妥当性を図書館経営の視点からとらえ直す。
    ¥200
  • bs5852030203

    山田奨治  学術情報と著作権、そしてTPP

    国立国会図書館近代デジタルライブラリーでの「大蔵経」公開停止・再開問題と似たような問題は、18世紀イングランドですでにあった。その経験から、どのような知恵を汲み取ることができるのだろう。
    ¥200
  • bs5852030201

    長尾 真  電子図書館と著作権

    私は2007年から2012年までの5年間国立国会図書館長だったが、米国のグーグルを主とする著作物のデジタル化の波が日本に押し寄せてきた時代の館長として、電子図書館の構築や出版界の電子出版への対応等に関していろいろと奮闘した。
    ¥200