bs5852030209
販売価格(税込)
¥300

著者吉見俊哉・小野俊太郎

ジャンル分売 No 3

出版社勉誠出版

電子版発売日2014年4月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS 4.4」「iOS 7」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

授業を聞きながらiPadで検索……。以前は大学の講義で携帯電話をいじると叱られたものだが、今は「わからないことを検索しています」と言える時代になりつつある。
そんなことはもう当たり前……。どんどん、それぞれが知の先端にアクセスできる時代。教育は変わらざるを得ない。
今の時代の先を行く創造的な人たちを育てていくために、人文学には何ができるのか? 人文学はどんな知を編み出さねばならないのか?
これまでの教師や大学教授とは違う、知と人を結びつける専門家・コーディネーターが今、渇望されている。
Talk Session第3回のゲストは、2013年6月に『デジタル人文学 検索から思索へとむかうために』(松柏社)を刊行し、人文学の未来を考え続ける文芸評論家・小野俊太郎氏。
知の構造を巡る思索が、新たな教育、新たな人文学を浮き彫りにする。

対談動画①

対談動画②

関連商品