bs5852070607
販売価格(税込)
¥200

著者佐藤道生×佐々木孝浩×堀川貴司

ジャンル分売 書物学 6

出版社勉誠出版

電子版発売日2015年12月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS 4.4」「iOS 7」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

儒学を担う明経道の博士家として平安時代から江戸時代末に至るまで連綿と続いた名門、清原家。残されたその蔵書や文書類は、累代の博士家の営みを伝える貴重なタイムカプセルである。慶應義塾大学で開催され好評を得た「清家展」の展示品を軸に、清原家の活動について、展示の裏話を交えつつ語っていただいた。