bs5852070612
販売価格(税込)
¥200

著者白川部達夫

ジャンル分売 書物学 6

出版社勉誠出版

電子版発売日2015年12月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS 4.4」「iOS 7」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

水は農業に欠くことのできないものです。ことに稲作では、用水の確保が必須の条件となりました。この水利のあり方が、農民の生活・生産を外側から特徴付ける枠組みとなりました。そこで、まず水と日本の農業との関係、また村内部での配水と農民生活にふれて、つづいて甲斐国巨摩郡徳嶋堰の開発をめぐる文書を読んで、江戸時代の用水整備をめぐる諸事情や村との関係などを見て見ましょう。