bs5852070801
販売価格(税込)
¥200

著者永村 眞

ジャンル分売 書物学 8

出版社勉誠出版

電子版発売日2016年8月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS 4.4」「iOS 7」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

国宝「称名寺聖教」は鎌倉・南北朝時代に東国に広まった仏教の姿を具体的に物語る重要な素材である。
この「聖教」は、その時代にあって寺僧の修学・伝授や布教活動のなかで生まれた教学史料である。
この「称名寺聖教」はどのようにして生まれ伝来したのか、律院称名寺に伝えられた「聖教」は、真言・戒律をはじめ諸宗にわたり、質量共に優れた内容をもっており、東国にこれに並ぶ史料群は見られない。
その一端に目を向けることにする。