bs5852071206
販売価格(税込)
¥200

著者野網摩利子

ジャンル分売 書物学 12

出版社勉誠出版

電子版発売日2018年2月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

文学者は古今東西多ジャンルの書物を自分の思考の肥やしにする。
19世紀~20世紀初頭の最新哲学に、夏目漱石が、書物から書物へ芋づる式に出会う。

彼は無垢の頭で読んだのではない。蓐中か否かを問わず、いつも懐中にひそませていた自分の思想と化学反応を起こさせたのだ。
その結果生まれ出す文学の営み。創造の秘鑰自体の生成を解剖しながら、文学創出の現場を捕える。

関連商品