bs5852071812
販売価格(税込)
¥200

著者野網摩利子

ジャンル分売 書物学18

出版社勉誠出版

電子版発売日2020年7月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

独立した短編群からなる、夏目漱石『永日小品』を貫くテーマを見出すなら、音声の響き、そして、それへの応答である。
ある小品に潜り込んでいる音や声が、他の小品に響く音や声と共鳴する。
「永日小品」のこの活動を、19世紀前半のロマン派詩人、ウィリアム・ワーズワスの詩が促しているのではないか。
交感しあうささめきを耳元までお届けする。

関連商品