bs5852267922
販売価格(税込)
¥300

著者陳力

ジャンル分売 アジア遊学213

出版社勉誠出版

電子版発売日2017年11月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

後漢の姑臧県は元匈奴蓋臧城に移転した時、まだ「南北七里、東西三里」の規模には至らなかった。姑臧城周辺の都市遺跡資料から、後漢の姑臧城は周囲約4000m級の都市で、二重以上の城郭があったと推測する。前涼の時、姑臧城は南北方向へ大きく増築され、新しい宮殿や王者にしか使えない儀礼建築が次々に築かれ、辺境都市から王都に変貌した。姑臧城のプランは陳寅恪氏のいう「宮は北、市場は南」の形をしていない可能性が高い。

関連商品

  • bs5852267921

    「蜀都」とその社会

    考古資料も少しずつ発見され、支配権力が変転し地域社会の支えによって営まれた都市・成都の像が見えてくる。
    ¥300
  • bs5852267920

    統万城

    統万城は内モンゴルから長安への交通路上にあるため、南北朝時代以来、歴代王朝が軍事上の重要拠点とした。
    ¥300
  • bs5852267919

    北魏洛陽城

    北魏洛陽城全体では、住民は大城とその近くに集まり、外郭城周縁部には人家の稀な空間が広がっていた。
    ¥300
  • bs5852267918

    同時代人のみた北魏平城

    同時代の人々がどのように認識したのかを通して、北魏の支配層がこの地に帰属意識をもつにいたった経緯などを論じる。
    ¥300
  • bs5852267917

    魏晋南北朝の長安

    考古学的発見などあり、少しずつ実態が明らかになる魏晋南北朝期の長安。都城制、ソグド人、仏教を取りあげ、歴史的意義について考える。
    ¥300
  • bs5852267916

    建康とその都市空間

    魏晋南北朝期の建康の様子を概観し、この都市空間がもつ諸特徴を探るとともに、その歴史的意義についても考える。
    ¥300
  • bs5852267915

    鄴城に見る都城制の転換

    鄴城は都市計画史上極めて重要な位置を占める都城として注目を集めている。曹操が魏公となった後漢の建安十八(213)年に魏公国の国都となった。
    ¥300