bs5852268804
販売価格(税込)
¥300

著者坂井田夕起子

ジャンル分売 アジア遊学222

出版社勉誠出版

電子版発売日2018年12月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

戦前の日本仏教の中国開教は、その多くが日本人居留地の日本人を相手の布教に終始した。しかし、厦門など福建省での布教活動は例外であり、台湾総督府の支援を受け、現地の中国人や台湾籍民(日本の国籍を持った台湾人)を相手とした。本論は、開教使神田恵雲を中心に、厦門における大谷派の開教活動を紹介する。

関連商品