bs5852268806
販売価格(税込)
¥300

著者野世英水

ジャンル分売 アジア遊学222

出版社勉誠出版

電子版発売日2018年12月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

真宗本願寺派は日清戦争において、教団組織を挙げて戦時奉公をおこなったが、その活動の教学的根拠として真俗二諦が盛んに説かれた。日清戦争とその後の台湾植民地戦争では従軍布教使を戦地へと派遣したが、それら従軍布教使たちは戦意高揚のための法話、説教や、戦死者、戦病死者の葬儀、火葬、また悪疫に罹患した兵士たちの看護などをおこなっていった。なかでも台湾植民地戦争における悪疫猖獗はすさまじく、看護をおこなう従軍布教使自身も罹患し亡くなっていった。

関連商品