bs5852268811
販売価格(税込)
¥300

著者釋 明瑛

ジャンル分売 アジア遊学222

出版社勉誠出版

電子版発売日2018年12月

ファイル形式PDF

推奨環境「Win」「Mac」「Android OS」「iOS」
(タブレット・スマートフォン閲覧の場合は「AdobeReader」アプリ推奨)

1895年に日本の植民地となった台湾において真宗本派本願寺の布教活動はどのように展開したのだろうか。台湾の既存の地方寺院は、日本の西本願寺の末寺としてどのように布教協力をしたのだろうか。また、その布教は、台湾島内の日本人信者のみならず、現地の人々へどのように浸透、普及していったのか。本論では、その過程を1930年代に京都中央仏教学院に留学させた筆者の父である真宗本派本願寺台湾人僧侶の釋善因が残した『釋善因日記』を通して、分析を試みる。

関連商品